その他

隷属を求める隋に対等の立場であると毅然と表明した"正徳太子"

日本のちょっといい話

日本は独立国だと宣言した聖徳太子の気概

西暦607年に聖徳太子が

日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す、つつがなきや

としたためた国書を随(中国)の皇帝に出しました。
これを読んだ隋の皇帝は大激怒しました。

「日没する処」と書かれていたからでしょうか、いやそうではありません。

皇帝が怒ったのは「天子」という言葉が使われていたからです。
当時強大な力を持つ隋に対して朝鮮半島の百済、森羅、高句麗をはじめ近隣諸国はみな隋に従属していました。

隋の皇帝が一番偉くて、周りの国は皇帝の家来であり、隋に貢ぎ物をして、そのお返しに自分の国の「王」だと認めて貰っていました。

王は皇帝の家来の立場です。

「天子は」天命を受けて天下を治める者の意であり、隋の皇帝を指し世界に一人しか存在しない者のはずです。

日王と書いては隷属を認めることになります。
そこで自らを天子と書いて「従属はしない、隋と対等な国である」という気概を見せたのです。

しかし、怒らせたままではまずいので、様子を見るため翌年再び隋に以下のような書き出しの手紙を携えて遣隋使を送ります。

東の天皇、つつしみて、西の皇帝にもうす

王と書いては従属関係を認めることになるので太子は「天皇」という言葉を使ったのです。

これからは日本は「皇」という字を使いますよ、日本の統治者は「天皇」であり隋と対等の立場であると宣言したのです。
つまり日本はどこにも従属しない独立した国であるという意味が「天皇」という言葉に込められていたのです。

その後怒って兵を派遣することもなく、遣隋使も続けられたので隋は認めたということになります。
これが日本における「天皇」という名称の始まりとなり現代に続いています。

隋の皇帝を怒らせて攻めて来られたらどうするのだろうと思いますが、正徳太子には勝算があったのです。

当時の高句麗はなかなかの軍事力を持っていて隋も手こずっていました。
日本を敵にしたら高句麗と日本は手を結ぶのではないか、そうなったら厄介なことになると随の皇帝は心配していたのです。

聖徳太子はそうした地政学的な情勢を判断した上で「この戦略は必ず成功する」と読んで実行したのです。

聖徳太子の読み通り国の独立を認めさせることに成功したのです。
それ依頼、第二次世界大戦(太平洋戦争)後の1945年9月2日から、1952年4月28日まで連合軍に占領されていた7年間を除き、日本は有史以来ずっと独立国を保っています。

例え相手を怒らせても気概を持って主張を貫徹する交渉力と決断力、その根底にあるのは自国への誇りがあればこそなし得たことです。

気概」「交渉力」「決断力」「誇り今の日本の政治家に聖徳太子の爪の赤でも煎じて飲ませたいと思うのは私だけでしょうか。

"日本のちょっといい話" 記事一覧

続きを見る

-その他

© 2022 HONTOBAKO