その他

"日本のちょっといい話" 記事一覧

日本人なら知っておいて欲しい歴史に埋もれた”日本のちょっといい話”をまとめてみました。


江戸の治安と衛生環境は世界一だった!パリは実は不衛生都市だった

日本のちょっといい話 中世パリのトイレ事情 中世ヨーロッパの衛生環境はお世辞にも良いとは言えませんでした。 花の都パリに ...

続きを見る


「犬のお伊勢参り」江戸時代に犬がお伊勢参りに行き帰ってきたという話

日本のちょっといい話 犬がご主人の代わりにお伊勢まいり 江戸時代になると大名の参勤交代が始まり、街道が整えられ、宿場や茶 ...

続きを見る


親日国パラオ、日本人とのつながりを強固にしたペリリュー島の戦い

日本のちょっといい話 パラオ諸島 パラオで語り継がれるペリリュー島の戦い 日本から南に約3,000km離れた場所に位置す ...

続きを見る


命のビザを発給し6千人の命を救った杉原千畝、歴史から消された理由

日本のちょっといい話 杉原千畝 人としての決断 昭和15年(1940)リトアニアの日本領事館領事代理をしていた杉原千畝は ...

続きを見る


隷属を求める隋に対等の立場であると毅然と表明した"正徳太子"

日本のちょっといい話 日本は独立国だと宣言した聖徳太子の気概 西暦607年に聖徳太子が 「日出る処の天子、書を、日没する ...

続きを見る


軍部の命令を無視し2万人のユダヤ人を救い、日本を守った樋口季一郎

日本のちょっといい話 樋口季一郎陸軍中将 軍部の命令を無視し、ユダヤ人の命を救う決断を下す 樋口季一郎は陸軍大学校を優秀 ...

続きを見る


日本はアジアを侵略していない、アジア諸国から日本へ送られた感謝の言葉

日本のちょっといい話 日本はアジアを侵略した国なのでしょうか 私達日本人は「日本はアジアの国を侵略した悪辣非道な悪い国だ ...

続きを見る


台湾教育の聖地として祭られている教育の基礎を築いた「六氏先生」

日本のちょっといい話 明治28年、台湾を統治し始めた日本政府は、まずインフラの整備に取り組み、鉱山の開発や鉄道の建設、衛 ...

続きを見る


「飛虎将軍」と呼ばれ台湾で神様になったゼロ戦パイロット

日本のちょっといい話 杉浦茂峰少尉 「飛虎将軍」と呼ばれ台湾で神様になったゼロ戦パイロット 台湾で神として崇められている ...

続きを見る


強大な力を持つ隋に対し日本は独立国だと宣言した聖徳太子の気概

私達の先人たちは国を慈しみ、偉大な功績を残し、この日本という国を守り続けて来ました。 今を生きている私たちは先人たちが紡 ...

続きを見る


「災害時に思う」日本人の民度の高さと精神性は憲法17条にあった

日本のちょっといい話 日本を観光で訪れた観光客が口をそろえて言うのは「日本人はみな親切である」という評価を耳にします。 ...

続きを見る

おすすめの記事

1

今、沖縄でチュチェ思想の勉強会や講演会などが定期的に開かれ、北朝鮮の政治思想を浸透させる活動が活発に行われています。 そ ...

2

借りた修学資金は返さなくていい。 車の免許取得は税金で。 家を建てれば800万円の公的資金が 協会が認めれば誰でもアイヌ ...

3

世界一屈辱的な礼とはどのようなものなのか李氏朝鮮時代に行われていた「三拜九叩頭」(さんききゅうこうとう)の礼を見てみまし ...

-その他

© 2022 HONTOBAKO