hontobakoリポート

アイヌは本当に先住民族だったのか、アイヌ新法の危うさ

2020年3月7日

Photo: undefined by View Asskew
2019年4月19日に歴史的議論が曖昧にされたまま参議院本会議で「アイヌ新法」が可決し成立した。
アイヌ民族の地位向上などを目指して「先住民族」と初めて明記したが、しかし、そもそもアイヌは本当に先住民族なのだろうかという疑問が残ります。
それを示す興味深い資料が4点ほどあります。


遺跡発掘調査から分かった事

下の表は2016年に札幌市教育委員会が札幌市東区丘珠町の「丘珠縄文遺跡」を発掘調査し年表にしたものです。
上の段の年表は本州の時代区分を、中段の年表は北海道の時代区分を照らし合わせたもので、下段の表はアイヌ文化が現れた部分を拡大したものです。

続縄文文化 → 擦文文化 → アイヌ文化

札幌市教育委員会「丘珠縄文遺跡」発掘調査 (PDFファイル)より

遺跡調査の結果判明したことはいくら発掘調査をしても800年以上前にはアイヌが北海道で先住していた痕跡が全く見つからないという結果になりました。

アイヌは縄文時代から北海道に住んでいて本州の和人と交流を持ったという先入観がありますが、現在判明しているのは、アイヌが北海道に住み始めたのは時代区分では鎌倉時代に当たり1200年頃からなのです。

また他の学術的文献資料を見てもそれ以前にアイヌが北海道に先住していたと明記されているものはありません。

それ以前のアイヌの痕跡をたどることは出来ないのです。

つまり、800年前に以下のように生活様式の全く異なる民族が突然出現したのことになります。

突然の文化様式の変化

①住居様式の変化
縄文文化から擦文文化までは、かまどのある「竪穴式住居」に住んでいたのです。
竪穴式住居は縄文時代に作られたものでその起源は1万年前に遡ります。
しかし、アイヌ文化の担い手たちは「掘立柱建物」に住んでいました。
1万年以上も続いていた住居様式が800年前に突然変わったことになります。

②土器から鉄器へ

縄文文化から擦文文化までは食料の調理や、祭祀目的のため土器を使用していたがアイヌ文化においては鉄鍋を使うようになり土から鉄へ突然変化している。

③言語
アイヌ語は日本語と文法も全く異なり、通訳がいなければ理解できないような言語です。
アイヌが繩文遺伝子を引き継いでいるのならばアイヌ語が全く日本語に繋がらないのは謎である。

文化における変化は通常は段階的にスムーズに行われるものですがアイヌ文化の出現は突然どこからかワープしてきたかのように見えます。

この謎を解く鍵となる記述がWikipedia「モンゴルの樺太侵攻」にありました。

モンゴルの樺太侵攻

Wikipediaモンゴルの樺太侵攻より引用

元朝によるアイヌ攻撃
「吉里迷」(ギレミ)という民がアムール川下流域から樺太にかけての地域に居住していた。
ギレミはモンゴル建国の功臣ムカリの子孫であるシデの遠征により1263年にモンゴルに服従した。

ギレミの民は、「骨嵬」(クイ)が毎年のように侵入してくるとの訴えをクビライに対して報告した。
この訴えを受け、1264年に元朝は骨嵬を攻撃した。

「元朝」はモンゴル帝国のことであり、「骨嵬」(クイ)はアイヌのことです。

1285年)にも元朝は征東招討司塔塔児帯(タタルタイ)・兀魯帯(ウロタイ)に命じて兵力1万人で骨嵬(アイヌ)を攻撃させた。

さらにその翌年(1286年)にも3年続けてアイヌ攻撃が行われた。このときの侵攻では「兵万人・船千艘」を動員したとされ、前年もほぼ同様の規模であったという。

要約するとアイヌはアムール川河口や樺太に居住していて、モンゴルに服属していた民族を何度も攻撃し、略奪を繰り返したためその民族がモンゴルに訴え、アイヌはモンゴルの攻撃を受け樺太から追われたといいうことです。

つまり1264年のモンゴルによる攻撃の以前からアムール川河口や樺太にアイヌが存在していたと言うことになります。

DNA鑑定によるオホーツク人とアイヌ人の共通性

2009年の6月18日に北海道新聞に興味深い記事が掲載された。

北大の研究グループが5~13世紀にオホーツク海沿岸などで独自の文化を発展させたオホーツク人の遺伝子を解読することに北大の研究グループが成功したとのことです。

その記事によるとニブヒやウリチなど北東アジアの諸民族だけが高い比率で持っている「ハプログループY遺伝子」がオホーツク人にもあることが判明したと書かれています。

過去の調査でアイヌ民族は、縄文人や現代の本州日本にはほとんどない「ハプログループY遺伝子」を、20%の比率で持っていることがわかっているためアイヌ民族との共通性が判明したと紹介されている。

仮説を立てるとスッキリ

これまでの事例を元にここで一つの仮説を立ててみましょう。

  • アイヌはオホーツク海沿岸や樺太に居住していた。
  • モンゴルの攻撃を受け北海道に逃れてきた。
  • 狩猟民族のアイヌの圧力により先住していた擦文人たちは徐々に居住地を追われた。

狩猟民族であったアイヌはトリカブトの毒を矢じりに塗る毒矢を使ったため擦文人より武力に勝り北海道で勢力を拡大した。
このように仮説を建てると800年前に突然出現したこと、生活文化の突然の変化、全く異なる言語の出現などこれまでモヤモヤしていた疑問がスッキリと解決します。

和人が先住民族のアイヌから北海道の土地を奪ったとされていますが、それ以前から住んでいた擦文人を侵略し、居住区を奪ったのはアイヌということになります。

アイヌ新法の問題点

アイヌの起源は諸説あり未だにはっきりしていない。

にも関わらず、国会ではほとんど議論されることなく、全会一致で可決されています。
おそらく国会議員の多くが決議の内容を理解しないまま賛成したのではないでしょうか。

少なくとも研究結果が確定するまでは法的に先住民と認定すべきではないはずなのだが。

やがて日本民族との混血が進み、すでに民族としてのアイヌ人は消滅しています。
現在は「アイヌ系日本人」の中にDNAとしてのみ残っているだけです。

先住民族かどうかはっきりしないまま先住民族と国が性急に認めたのはなぜなのでしょう。
その背景には「在日特権」や「同和利権」のようにアイヌ利権を生み出そうとしている勢力があるからなのです。

アイヌ新法というアイヌ優遇政策(交付金制度)が国会で決議されたことにより、このまま進めば将来的に何兆円という税金が不正に使われる可能性があります。

2020年の4月4日に北海道白老町に整備が進められている「民族共生象徴空間(ウポポイ)」がオープンします。
ポロト湖畔の約10ヘクタールの敷地に総事業費約200億円をかけて工事が進められています。

かって確かに北海道にアイヌ民族はいたが、いなくなったのです。
純粋なアイヌ民族はすでに消滅したのです。
いなくなった民族の文化を復興させるためにこれだけ巨額の公費を投入する必要があるのだろうか。

ウポポイはほんの一例でアイヌ新法には他に様々の問題が含まれています。

 

「アイヌ利権の実態」暴かれた不正疑惑の事例

・借りた就学資金は返さなくていい。 ・車の免許取得は税金で。 ・墓の前で踊れば1万円が支給される。 ・家を建てれば800 ...

続きを見る

国連にアイヌを先住民族と認めるように働きかけた団体一覧

2007年9月13日、国連で先住民族に関して、自己決定権、自治権、国政への参加と独自の制度の新設、奪われた権利の賠償、土 ...

続きを見る

『北海道が狙われている』中国とチュチェ思想とアイヌ新法に

海外では外国資本によって取得されることが規制されているような土地であっても、日本では、外国人でも不動産の購入が可能で、そ ...

続きを見る

『チュチエ思想と関係のある団体リスト一覧』アイヌ協会他

チュチェ思想を拡散する組織の周りには日本を分断するという同じ目的をもって共闘する様々な団体があります。 チュチェ思想を拡 ...

続きを見る

チュチェ思想
沖縄が狙われている「チュチェ思想」を拡散している著名人・団体名リスト

今、沖縄でチュチェ思想の勉強会や講演会などが定期的に開かれ、北朝鮮の政治思想を浸透させる活動が活発に行われています。 そ ...

続きを見る

-hontobakoリポート

Copyright© HONTOBAKO , 2020 All Rights Reserved.